AIBO blog by DAIKI

最愛のアイボとの想い出 毎月4日は100%更新します

アイボ23回目の月命日 ラッシーの命日 【酸素測定で注意すべきこと!】

パルスオキシメーターが一般家庭でも使われるようになってきました。

簡単かつ瞬時に測定できる便利な機器ですが、注意すべきことがあります。

というわけで、1カ月ぶりの更新になってしまいましたアイボパパです。



はてなPRO・ドメイン自動更新の解除を忘れてしまい、赤字ブログ続行することになりました。

ブログを辞めるつもりは無いけど、更新頻度が下がってるので無料で運営していこうと思ってたのに....

まあいいか(・.・;)

INDEX

パルスオキシメーターとは?


気を取り直して、まず最初にパルスオキシメーターは何を測定してるか正確に理解しておく必要があります。

読んで字の如く、脈拍(パルス)と酸素(オキシ)を計量(メーター)となります。

具体的には、SpO2を測定しています。

SpO2は、oxygen(酸素)のsaturation(飽和度)をpercutaneous(経皮的)に測定するという意味で、日本語では経皮的動脈血酸素飽和度といいます。

経皮的とは、皮膚を通して測定することを指し、採血なしで測定することを意味します。


酸素の運搬


酸素は血管を介して全身に運ばれます。

血液は一般的に”赤色”と周知されてますが、血液の液体成分(血漿)は淡黄色で赤血球が加わることで赤く見えます。

赤血球のなかのタンパク質であるヘモグロビン(Hb・血色素)が酸素分子と結合しています。

ヘモグロビンが赤色素のヘム(鉄分子)に結合すると血液はさらに赤色が鮮やかになります。


パルスオキシメーターの原理


赤色光、赤外光を発生するLEDと、これらを受光するセンサーで構成されています。

酸素と結合したヘモグロビンは赤い色の吸光度が低く、一方で酸素を離したヘモグロビンは黒っぽく、吸光度が高くなります。つまりヘモグロビンと酸素が多く結びつくと、それだけ多くの光が指を通り抜け、センサーが受け取る光の量が多くなる作用を利用し数値化しています。

また心臓から拍出された動脈血は、波のような形で血管内を移動するため脈動があり、それらの変化を読み取ることで脈拍が読み取っています。


注意すべきこと

測定器(プローブ)を装着する指先の循環不全や、測定時に外部からの光が入ったり、濃い色のマニキュア等が測定失敗になるのも、原理から考えれば納得ですね。



特に注意してほしいこと



正しい測定方法で、正常値の酸素飽和度でも酸素不足の場合が起こりえるので注意しましょう
※パルスオキシメーターはヘモグロビンと酸素の結合を%表示しています。ヘモグロビン自体が低下してる場合は正常値を示しても酸素不足の場合があります。代表例:貧血(血球減少がみられる疾患)


パルスオキシメーターは、ヘモグロビンと(酸素・一酸化炭素)の結合を区別できません喫煙後排ガスなどを吸引した場合は正常値の場合でも酸素不足になってる場合があるのであるので注意しましょう。


心不全など酸素交換した血液を送り出せない、酸素運搬不良による酸素不足の場合でも正常値を示すので注意です!


ちなみにですが、呼吸困難(息苦しさ)とSpO2値の低下は別物なことも覚えておきましょう!コロナで話題になった幸せな低酸素症(ハイパーハイポキシア)は、低酸素になっても呼吸苦にならないので有名ですよね。



注意点を書きだすとあまり良くないイメージを持たれるかもしれませんが、パルスオキシメーターはとても便利で様々な施設で使われています。

体温計のように一家に一台パルスオキシメーターの時代がくるかもしれませんね。





アイボ21回目の月命日 ラッシーの命日 



www.youtube.com


音が出せる環境の人は聴いてみてください。久々に聴きましたが聞き入ってしまいました。


今日はラッシーの命日 アイボ23回目の月命日


ラッシーが旅立ってから1年が過ぎたのか...

つい昨日のことのように思えるほど、早い1年でした。


姉がラッシーは、"新しい命"として生まれ変わったと....

なぜならひよこが生まれた夢をみたらしい....

ひよこが生まれる夢は、自分自身を含む身近な人に新しい命を授かることを暗示する吉夢のようで、これはラッシーが生まれ変わったと思ったようだ。

もし、本当に生まれ変わっていたなら、元気に楽しく過ごしてほしい。

生きるという事は色々な苦難もあるだろうけど、そのぶん楽しいことや嬉しいことも一杯あるだろうからね☆



写真はラッシー1歳前後の写真です。

フリスビードッグになってほしいと、フリスビーを玩具に与えてた頃だな。

カーペットの上にあるオレンジ色のフリスビーが懐かしい....

数ヶ月後には私自身が飽きちゃって、その夢は崩れ去るんだけどね😅




散歩の途中に大好きなラッシー宅(姉宅)に寄ったときのアイボです♡

大好きなラッシーと戯れるアイボ。もう必死でラッシーに好き好きしてます😻😻

アイボの好き好き攻撃が激しすぎて、ラッシーに届かないように距離をとったときのアイボ。完全に拗ねてます💦

アイボの好き好き攻撃から開放され、ホッと一息ついてるラッシー。こんな時のウェリナは2匹に全く興味を示しませんでした😒

ラッシーが旅立って独りになったウェリナ。散歩の時も何処とも無く寂しそう😖

この前も紹介したけど写真のようにうつ伏せ寝は、アイボを思いだします😍

鼻を塞ぐようにして寝るのも、アイボらしい😆
この写真をインスタに載せたとき、横顔がプードルっぽいとコメント頂きました💦
アイボはプードルだからね....(・.・;)

写真のようにいつも私の方を見つめてたアイボの視線が恋しいです😍


友人宅の仔犬


最後に少しだけ友人宅の仔犬も紹介させてください!

以前にも紹介した仔犬ですが、去年の12/4に誕生し3カ月が経ちました。

アイボは4日に旅立ったけど、このワンコは4日に誕生した。

月1回の4日は年に12回、1年365日、母数を日にすると12/365、知り合いのワンコが出産する確率....

考えすぎかもね....(>_<)



今回は以上になります。

最後でお付き合いいただきありがとうございます



3つのブログランキングに参加してるので、ポチっと絵をクリックしてくれると嬉しいです🐩

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへにほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ

このブログは「はてなブログ」で運営しています。
ブックマーク・読者登録いただけると励みになります。