AIBO blog by DAIKI

最愛のアイボとの想い出 アイボパパの趣味や主観を綴ったブログです。海外、旅行、買い物など。

「アイボ」と「ラッシー」の月命日

少し前にワンコを預かって思ったこと....

アイボとラッシーは色んなことを学び、賢かったんだ!

月命日の今日は、そんなアイボとラッシーを振り返りたいと思います。




写真に写ってるのは生後10カ月のマルプー。

この子を丸2日預かってました。

見た目の可愛さもさることながら、好奇心旺盛でいろんなものに興味をもつ仔犬です。

ほんとに元気で、ずっと遊んでました(^^♪


もうね~、可愛いすぎて疲れなんて吹っ飛びましたよ。

見てるだけで微笑んでしまう。


やっぱりペットは心を豊かにしてくれるな~

改めて感じることができました(*´▽`*)


アイボ16回目の月命日


4日はアイボの月命日、特に何かをするわけじゃないけど、数日前から今日という日を意識して....

アイボとお別れして16カ月経つけど、寂しさは変わらず日々淡々と過ごす毎日。

単に淡々と過ごす毎日、この積み重ねが大きな意味を成すのだと....


アイボの約19年の犬生で積み重ねたものは何だろうか?

詳しくはアイボにしか知り得ないことだけど、7つ書きだしてみたいと思います。

  1. 絶対に人を咬んではいけない。牙をむけてしまうと倍返しされる。
  2. 「ガルル~」を唸ってはいけない。唸って威嚇したら倍返しされる。
  3. 嫌なことをされても勝ち目なし。我慢してやり過ごすのが一番。
  4. ワンワン吠えてはいけない。もし吠えたら凄く怒られる。
  5. 「待て」と言われたら如何なる状況でも待たないと食べ物をもらえない。
  6. 可愛い顔をすると美味しいものを貰える。
  7. 基本的に服従しとけば嬉しそうにしてる。

①②に関しては徹底していたので、アイボは絶対に牙を向けてきません。

あたり前と思うかもしれませんが、意外とできないワンコが多いように思います。

ブラッシング、歯磨き、シャンプー&ドライ、爪切り、足裏の毛のトリミングetc、

上記のものは基本的にアイボが嫌がる行為です。

どんな状況でも牙を向けてくることは無かったです。甘噛みや冗談で牙を向けることも禁止していました。




時短シャンプー、洗面所入浴の写真です。

大人しくシャンプーさせてくれます。でも本心は嫌なはず🙄



自宅で机に向かってると、かまって欲しそうに訴えてくるアイボ。

吠えずに鼻を鳴らしてくるのは可愛かった(*´▽`*)


ラッシー5回目の月毎日



昨日(3日)がラッシーの月命日。

ラッシーは気難しい性格で真面目、ときに驚くような天才ぶりを見せてくれました。

家族愛が強く散歩中もラッシーが居れば安心と思うほど、気が利く性格。

でも、「ガルル~」と唸るのは辞めれなかったです(-_-;)

もちろん威嚇はしてこないんですが、ラッシーは嬉しいときも「ガルル~」なので....

ご飯のときも、「ガルル~」♪ 喜んでるからシッポを振りながら「ガルル~」♪


あと「ワンワン」吠えるのも止めれなかったな~

これは牧羊犬として生まれもった性質なので諦めてました(T_T)




ソファーで寛ぐラッシー。

白髪が混じってないので色が濃く見えますね。3歳のラッシー。



最後にアイボファミリー全盛期の写真



うちの子自慢を書いてきましたが、どのように思いましたか?

「あたり前」、「うちの子もできる」....

仔犬時代から学んで習得したことって思うと凄くないですか( ゚Д゚)


今回もご覧くださり、ありがとうございました。



左下の写真の白くて小さいワンコが、アイボパパが愛してやまないAIBOです。

今は旅立ってしまいましたが、このブログの看板犬です。

3つのブログランキングに参加してるので、ポチっと絵をクリックしてくれると嬉しいです🐩
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへにほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ブックマーク・読者登録いただけると励みになります。