AIBO blog by DAIKI

最愛のアイボとの想い出 アイボパパの趣味や主観を綴ったブログです。海外、旅行、買い物など。

愛犬たちの名前の由来

welina!!


ハワイ語で挨拶してみました。


読み方は、ウェリナです。


「愛をこめて」と言う意味なんです。


古代ハワイアンの人々の間で使われてきた「ハワイ語」は、いまでも米語(英語)と同様にハワイ州公用語に指定されています。




と言うことで、アイボパパです。




f:id:daiki-em:20190601203419j:plain
今年で13歳、ウェリナ!!


ラッシー家にいる、アフガン・ハウンドの名前はハワイ語からつけています。




f:id:daiki-em:20190601202301j:plain
緑の服がウェリナ。手前の青い服がラッシー。今年で16歳。


ラッシーの名前は先代犬(コリー)から、そのまま引き継ぎました。


先代犬の名前の由来は、有名な「名犬ラッシー」からつけています。


先代犬はコリーだったので、名犬ラッシーのイメージ通りでしたが、現在のラッシーはシェットランド・シープドッグなので一般の人からすれば、突っ込まれそうですよね。


でもラッシーはシェットランド・シープドッグの中では大きく、コリーからすれば小さい微妙な大きさなので、たまに間違われることもあります。



アフガン・ハウンドも実は二代目で、先代犬はゼットと言う名前でした。



アイボパパ、最愛のボン(アイボ)も二代目のトイプードルで、先代犬はミルク。


ボンだけ最愛とつけて差別してるように思われそうなので、補足さしてください。


ボンも元はアイボパパの実家で飼っていましたが、アイボとアイボパパだけ別に住み始めたことから特別な存在になったわけです。

f:id:daiki-em:20190601202234j:plain
アイボパパが愛してやまない、アイボちゃん。19歳まで頑張ってくれました。





先ほど紹介したウェリナとラッシーも高齢犬で、最近スグ体調を崩すようになり病院通いに・・・


ラッシーは、咳。


エックス線検査した際に肺に陰影が写っていたので、そのでき物とうまく付き合っていくしかないなと言う感じ。




ウェリナは、嘔吐。


病院の検査結果から胃潰瘍と診断され、特に原因は究明できず。


一つだけ心あたりあるのは、独占欲が強くカマッテチャンなので猫達を可愛がる姿にやきもちかなーーー?


あとは、加齢変化かも・・・


と、心配が絶えない状況です。




変化があれば、また報告させていただきたいと思います。



今日はウェリナとラッシーの体調報告だけで、失礼します。



最後まで、お読み頂きありがとうございます。