AIBO blog by DAIKI

最愛のアイボとの想い出 アイボパパの趣味や主観を綴ったブログです。海外、旅行、買い物など。

猫たちの権力争い勃発

どこの世界にも、紛争はおきる。


一つ屋根の下でも、紛争はおきる。




紛争は極力避けたい、アイボパパです。



昨日、ラッシー家に少し寄りました。


そこで見た、猫のボス争いのお話しです。



ラッシー家にいる猫ちゃんは、全部で5匹。


猫ちゃん紹介してます。
www.daiki.site



そのうち二匹の黒猫は、女の子で平和主義です。


どちらかと言うと、ヒトに対して警戒心が強い・・・




残りの男三匹が、権力争いをしています。


本気でやってるので少しビックリしました。




ボスの座に君臨するのは、ラッシー家の猫の中で一番古い「未羽」ちゃん。

f:id:daiki-em:20190529163957j:plain


茶トラでとても男前な顔をしてます。


目が見えない時に保護してるので猫社会の事は知りません。


未羽はラッシー家の犬はもちろん、オカメインコにも攻撃しません。


f:id:daiki-em:20190529165901j:plain
オカメインコのラッキーちゃん。ドアップで見ると迫力ありますね。


毎日決まった時間に、ラッキータイムがあり自由に部屋の中を飛び回る時間があります。


その時間に部屋にいることが許されるのは、猫の中で唯一なのです。



アイボがラッシー家に合宿してる時も、すごく面倒見てくれる優しい子です。

f:id:daiki-em:20190529171204j:plain

f:id:daiki-em:20190529170441j:plain
「おまえ、そんなとこに足上げてオシッコしたら怒られるにゃよ!」



そんな未羽ですが、猫社会を知らないが故に猫社会ではイマイチなのです。

f:id:daiki-em:20190529171610j:plain
真ん中のポジションは、絶対譲りません。





そこでボスの座を狙う、琥珀ちゃん。

f:id:daiki-em:20190529173043j:plain


琥珀はヒトが大好きです。いつも撫でてくれって感じでとても可愛いです。


お風呂も寝転がって、「どうぞ!洗ってください」。と言う感じ。


そんな琥珀は、猫社会でも大人気!

f:id:daiki-em:20190529173118j:plain


みんなでお昼寝したりして、支持率は高めなんです。




そんな琥珀と血は繋がってないけど、親子のように固い絆の大和ちゃんがセットになります。


f:id:daiki-em:20190529171741j:plain
一番新入りで、一番若い。

f:id:daiki-em:20190529171729j:plain

f:id:daiki-em:20190529171722j:plain


大和が小さい頃から琥珀は我が子のように可愛がり、今も固い絆で結ばれてます。






ここまでは微笑んでいられるのですが、実はこの琥珀&大和がタグを組んで未羽を攻撃します。


琥珀と未羽が喧嘩しだすと、大和が「おとーちゃんに何かしたにゃか?」と飛んできます。


逆に大和と未羽が喧嘩すると、琥珀が「うちの息子に、なにかようですか?」と飛んできます。





アイボパパが昨日見たのは、まさにその瞬間でした。


最初、未羽と琥珀がリビングで喧嘩しだしたら、数秒後に大和が飛んでくる。


二匹になって、未羽は意気消沈。


それを見た琥珀は喧嘩をやめます。




そしたら今度は、大和が未羽の背中を噛む。


f:id:daiki-em:20190529171847j:plain
左:大和 右:未羽






問題は・・・




実は、ボスの座に君臨する未羽ちゃんは喧嘩が弱い。体も一番小さい。



ただ、一番古いからボスなわけで・・・




その後の行方は、また報告しますが未羽が可哀想に思ってしまって。




猫社会も、生きぬくのは大変だ!っと、つくづく感じたアイボパパでした。



最後まで、お読み頂きありがとうございます。



恒例の本日のアイボ

f:id:daiki-em:20190529171714j:plain
左:ラッシー 中央:ウェリナ 右:アイボ


いつもの公園で、みんなと記念写真。


アイボは犬社会の一番の先輩。未羽のように小さいけど最後まで絶対に弱音を見せませんでした。


アイボが旅立つ一日前、ラッシー家に遊びに行った際も一回も座ることなく弱ってる姿を見せなかったです。


アイボは小さい体で大きい犬達と同じスピードで歩き、普段食べないお菓子も皆といる時は同じように食べてました。


ほんとに凄い強い子でした。