闘病生活 アイボの奮闘記→アイボ逝去 享年20歳

最愛のアイボとの想い出 アイボパパの趣味や主観を綴ったブログです。海外、旅行、買い物など。

【閲覧注意】目からの流血事件!

こんにちは。アイボパパです。


ボン(アイボ)では無く、アイボパパの話ですが、左の親指にトゲが刺さって、メッチャ腫れてます。


今までに何度かトゲ刺さってますが、一番痛いかも。


しかも、刺さった親指は腫れて、赤くなり、「THE 炎症」と言わんばかり発熱してます。


まあいいや、何とか治るでしょう。


f:id:daiki-em:20190323215001j:plain
毎年、恒例行事の花見。今年も行こうね。


今日は、日曜日ですね。


休日の人も多いのかなー?


アイボパパは、珍しく休日出勤してました。


帰ってきたら、リビングの扉のスリガラス越しにボンの姿が。


「なんなのーー?! ボン、待ってくれてたん? 可愛いねーーー。」と、普段通りの会話に始まって。


いつも通りに、抱きかかえて「だだいまー。可愛いねー。」と。何回、可愛いって言うねん(笑)


抱きかかえて、ボンの顔見たら、可愛い事。では無くて、左目に大量の目やに。


ん?


黄色っぽい目やにが、ボンの大きい目の半分位まで埋め尽くされてて。


恐らく、目をこすって傷つけたと思われる様な感じで、すぐにティッシュで拭きとった時にボンの流血事件を思いだして。


【閲覧注意】その時の写真が、結構、グロイ系です。

f:id:daiki-em:20190323220834j:plain
走り回って、ソファーに激突!


実は、目からの出血では無くて、目の下にあったイボが傷ついた事で出血してたみたいです。


最初、見たときはビックリしましたよ。


ボンが痛がったりする事も無かったので、ひとまず落ち着いて良く観察。


そしたらボンの目の下にあったイボ(マイボーム腺腫)が少し小さくなってました。


それを知った、アイボパパは「ボンは賢いから、目の下のイボが邪魔なので、自分でぶつけて小さくしたみたい」って言いふらす事に・・・


こうやって笑い話に出来るのも、おおごとじゃ無かったからですよね。


今回は目からの流血事件でした。


最後まで読んでくださって有難うございます。


その他にボンが実体験で良かったものなどを紹介していく予定ですので、気に入った方は読者登録よろしくお願いします。