闘病生活 アイボの奮闘記→アイボ逝去 享年20歳

最愛のアイボとの想い出 アイボパパの趣味や主観を綴ったブログです。海外、旅行、買い物など。

犬のシャンプー。我が家の究極の時短方法とは。

こんにちは。アイボパパです。


昨日は春分の日、しかも暖かったですよね。


ボン(アイボ)は、朝からブラッシングしてフワモコ状態で散歩に行って。


今年、初めて上着無しで散歩出来たように思います。(ボンも服無しで!)

f:id:daiki-em:20190321180903j:plain
ブラッシング後のボン(アイボ)。フワモコでしょう?

ブラッシング後に散歩行って、その後はシャンプー。


去年までは、一緒にお風呂入ってたのが懐かしく思えたなー。


以前の、お風呂に関するブログです。目を通してもらえると幸いです。
www.daiki.site

今回のボンに採用したシャンプー方式は、題して「時短シャンプー。」


時短シャンプーは時間の無い時のシャンプーで、ボンが若い時、海や川遊びをして夜帰って来た時にしていた方法。


単純に洗面所で洗うだけなんですが、お風呂を使わないだけでシャンプー後の掃除も楽です。

f:id:daiki-em:20190321195612j:plain
洗面台での、入浴。温かくて気持ち良いねー。ボンの心は「チェ、シャワーの日かよ」


乾燥方法は、バスタオルで拭いた後にバスタオルを袋状にして、ドライヤーやファンヒーター等で温風を送り込んで乾燥させる。


究極は、拭いた後にこたつに入れる。たまにボンも採用してます。


ただ、プードルの様にカールが強いワンちゃんは数回に分けてブラッシングしてあげないとカール状態で乾燥してしますとブラッシングが大変ですし、ワンちゃんも痛いと思うのでワンちゃんの毛質にあった方法を選んで下さいね。


トリマーさんにしてもらうみたいに、カールした毛を伸ばして乾かすのが一番綺麗になるのは間違いないですよ。


ボンの様に老犬になると、綺麗より速さを重視した方がストレスが少ないと思ってボンは時短で済ませてます。


今回は、ボンの「時短シャンプーしてみた」でした。


最後まで読んでくださって有難うございます。